しらたきと日々の徒然

勉強ときどき雨

国家一般職 筆記試験後の流れ

こんばんは。しらたきです。

自分もそうでしたが、筆記試験の後何すればいいんだよって感じの方もいるかと思いますのでわかる範囲でまとめてみます。

※あくまで2017年のものです。年によって官庁訪問とかの日程が変わることもあるようなので。

 

6/18 筆記(一次)試験

7月入った段階から8月中頃まで官庁毎の個別説明会が開催される。興味のある官庁のホームページはこまめにチェックしておくといいかも。

7/12 一次試験合格発表

7/13~16 人事院主催の官庁合同説明会(地域によって開催日が異なる)

7/19~8/7 人事院(二次)面接(基本平日。日程は一次の合格通知でわかる)

8/8~ 官庁訪問予約開始(官庁によっては最終合格発表後にしか予約受付しないところもあるので注意)

8/23 最終合格発表

8/24~ 官庁訪問開始。訪問とか言ってるけど中身は採用面接だと思っておいた方がいい。大体の官庁でガチ面接が行われるっぽい。ここで内々定をもらうことによって就職が決定する。

10/1~ 正式な内定の通知が出る

 

という感じで、結構ややこしいプロセスを経て採用が決まることになります。

最終合格するのはもちろんのこと、希望の官庁から内定をもらわなければ採用してもらえないので、日頃から興味がある官庁については調べておくことをお勧めします。

ちなみに数年前は、最終合格発表の前に官庁訪問があったので、内々定もらってるのに最終合格できずにどん底に突き落とされるというパターンがあったらしいです。

国家一般職の筆記試験の対策まとめ

今回は国家一般の筆記試験の対策についてまとめていきたいと思います。

まず、対策をするにあたって、配点を知らないと始まりませんので、、

★教養(全問必答、40点)

・文章理解11点(現代文6点、英語5点)→過去問500

・数処16点(数的・判断13点、資料解釈3点)→畑中さんのカンガルー本

・時事3点→速攻の時事

・知識10点(化学1点、物理1点、生物1点、日本史1点、世界史1点、地理1点、

      思想1点、法律・経済3点)→クイックマスターと過去問500

 

★専門(8科目選択、40点)

憲法5点→スー過去

行政法5点→丸ごと講義生中継からのクイックマスター

民法(総則・物権)5点

民法(債権)5点

・ミクロ経済5点→最初でつまずかないミクロからのスー過去

・マクロ経済5点→最初でつまずかないマクロからのスー過去

・財政学5点→スー過去

経営学5点→スー過去

社会学5点→スー過去

政治学5点→スー過去

・教育学5点

・心理学5点

・英語基礎5点

・英語一般5点

経営学政治学は概ね鬼畜なので準備期間のある方は保険で別の科目も抑えるといいと思われ。

 

とまあ、こういう配点になってまして。振り返ってみてマジで取り組んだ方がいいと思った科目は赤字にしてあります(自分は財務と国家を併願してたのでそれに合わせた科目選択をしました)。参考書は色々無駄なのも買っちゃったので、これやっとけば大丈夫だろ的なのに絞って載せました。とにかく過去問回しましょう。

特に、行政法と経済学は最初から問題触るよりは導入本を読んでからの方が理解が進みやすいと思います。財政学に関しては、国税や財務を受ける方は計算問題も出るので、経済学の勉強を一通り終えてからやるとかなり理解しやすいですね。

基本個々人の得意不得意に合わせて科目を組み立てるべきですが、国家一般に関しては、教養が鬼難しいのでどちらかというと専門をがっちり固めて、万が一教養が思い通り取れなくてもカバーできるようにするのが大事かなと感じました。あと、専門に少し傾斜がかかりますので、その意味でも専門は大事です。

また、県庁を併願する場合、全国型の問題だと9問くらい出るので、経済はしっかり仕上げるとコスパいいです。

多分教養6割、専門7割を取れてればよっぽどボーダーの高い年じゃない限りは論文と面接を無難にこなせば大丈夫じゃないでしょうか(近畿とかの魔界は除く)。

筆記試験に関して自分が書けるのはこのぐらいですかね。。

起床即訪問

こんばんは。しらたきです。

国家一般職ですが、無事に最終合格していたので、昨日は朝一で予約を入れていた官庁に官庁訪問をしに行ってきました。

履歴書やら何やら持参だったので、絶対面接やるでしょとは思っていましたけどね。ガチ面接でメンタルごりごり削られましたね。30分ておいおい…

もっとこう、ユルいの想像してたので、ビビって口の中は乾くわ手はプルプルするわで焦りました笑。

面接が終わって数時間後にすぐ電話が来て、内定を頂きました(・∀・)いぇあ

 

…なんか、めちゃめちゃ呆気なく就職決まったんで、これ夢じゃないかと。でもボールペンで手のひら刺したら痛かったし現実だよなぁ。

とにかく、仕事を辞めてから早半年、メソメソしながら勉強とか面接とか対策してきましたが何とか就職できそうです。よかった〜。

 

元々このブログは勉強の記録(全然記録つけてない)の為に作ったものでしたが、気が向いた時に勉強の方法まとめたり、日記みたいなの書いてのほほんとやっていこうと思います。

おなしゃす

こんばんは。完全に昼夜逆転生活を送っています。

しらたきです。

 

起きているのか寝ているのかも曖昧な生活を送っているうちに、僕の処刑の日(国般の最終合格発表)が明日に迫ってきています。吐きそう。

ここ数日は食欲ないのでご飯は夜しか食べれてません。合格してたら焼き肉食べに行きたいなぁ。

 

公務員試験、実際自分が受けてみて実感したけどさ、筆記から最終合格までの期間長くない?いや別に試験のシステムに文句があるわけじゃなくて、気持ちの問題として。筆記の勉強期間からの精神の削れ具合ヤバいですよね。この数ヶ月の時間の長さ、人生で1番長いかもしれない。ホント、自分も含めて受験生の皆さんお疲れ様でしたって言いたい。

後は本当合格させて下さいお願いします何でもしますから。

水を飲み干してしまった

どうもこんばんは。しらたきです。

早いもので八月も半ば。先週の初めに県庁の2次試験受けてきました。

集団討論と個別面接。

手応えは…う〜ん、どうだろう。主観的には、討論の時はバランスよく発言できたし、

面接も特に詰まることなくしっかりと話せたかなぁと思うんですけどね。。

なんか和やかすぎて怖いんですよね〜。厳しい質問とか全然来なかったし。

余裕で合格ライン超えてるか、全く期待されてなくて消化試合かの二極かな。

まあ終わったことなんで振り返ったところでどうしようもないんですけど。

つい思い出してうじうじしてしまう。受かってたらラッキーくらいな感じですね。

 

瞬き

こんばんは。しらたきです。

あの、もう8月になってるんですけど。嘘でしょ?

まばたきしてる間に7月終わってましたね。いや色々あったけども。

というわけで、今日は7月のまとめをしてからぐっすり眠りたいと思います。

はい。

 

とりあえず、月の前半はわたくしの受験した財務専門官、国家一般職、地方上級(県庁)の合格発表があったので、かなりそわそわしてました。結果は財務は自己採点からも明白でしたが不合格、一般職と県の方はなんとか合格できていました。

2つは筆記通ってほっとするのもつかの間、国家の面接が迫っていたのでハローワークに通いまくり面接カードの添削と面接の練習を重ねました。で、先週に国家の人事院面接は終了しました。個別の説明会も目当てのところは出席し終わったので、あとは8月23日の発表までビクビクしながら過ごすのみです。

県の方は来週に集団討論と面接試験がありますので今必死で対策しています。

国家が第一志望で頑張ってきたので、志望動機とかめちゃめちゃ苦労してます(゜∀゜)

でも調べているうちに県の仕事もすごく魅力を感じてきているので、合格もらえるよう頑張ります。

希釈

どうもこんばんは。しらたきです。

ひたすら自己分析して面接カードの文面考えています。

自分の人生振り返るの辛いです。

なけなしの人生から抽出したものを1000倍に希釈してカサ増ししてやっと枠が埋まる。

まあ辛いの乗り越えていい面接にできればいいかなって。